星座占いとは?特徴や起源、本当に当たるの?

この記事は約3分で読めます。

星座占いの起源、12星座の説明とそれぞれの性格や恋愛傾向、さらには星座同士の相性についても解説していきます。

気になるあなたの星座や、気になるあの人との相性はどうなのか、さあ、一緒に探求していきましょう。

星座占いとは?

星座占いは、西洋占星術を簡略化したもので、誕生時に太陽がどの十二宮(サイン)に位置していたかによって、その人の性格や運命、相性などを占います​​。

これは天文学の星座とは異なり、太陽が1年間で通過する黄道十二宮に基づいています​​。

星座占いの成り立ち

星座占いは、遥か昔、古代メソポタミアのバビロニア地域で発祥したとされる西洋占星術にその起源を持ちます。

紀元前3000年から2000年頃、チグリス川とユーフラテス川に挟まれたこの地域では、天文学や数学が盛んに行われ、天体と神々とを結び付ける占星術が発展しました​​。

この占星術は、マケドニアのアレクサンダー大王による征服とともにヘレニズム文化の中でギリシャ、そして小アジア、エジプト、メソポタミアを通じて拡散し、古代ギリシャで特に発展を遂げました。

ここで、出生時の星々の位置から個人の星位図を描くホロスコープ占星術が生まれ、プトレマイオスの「天文学大全」などによって、天体の位置と地上の出来事との関連が詳述されました。

これらの知識は、後に12星座の概念と結びつき、現代に至る星座占いの基礎となりました​​。

中世ヨーロッパを通じて、教会からの批判を受けつつも占星術は広く行われ、ルネサンス期に再び盛んになりました。

そして、現代においても、西洋占星術は人々の性格や運命を占う道具として、そして自己理解や人間関係の理解、人生の意義や目的を模索する手段として広く用いられています​​。

12星座占いは、この西洋占星術をもとに、より簡略化された形で現れました。主に太陽がどの星座に位置していたか(太陽星座)に基づいており、生年月日だけで判断できるため、新聞やテレビ、インターネットなどで広く普及しています​​。

占いは、科学的な方法ではないものの、人間の行動や自然現象に関する理解を深め、意味や目的を探求するツールとして、また、エンターテイメントの一環としても多くの人々に楽しまれています​​​​。

12星座の概要

星座占いでは、誕生日に基づいて以下の12星座に区分されます​​:

牡羊座(3月21日 – 4月19日)
牡牛座(4月20日 – 5月20日)
双子座(5月21日 – 6月21日)
蟹座 (6月22日 – 7月22日)
獅子座(7月23日 – 8月22日)
乙女座(8月23日 – 9月22日)
天秤座(9月23日 – 10月23日)
蠍座 (10月24日 – 11月22日)
射手座(11月23日 – 12月21日)
山羊座(12月22日 – 1月19日)
水瓶座(1月20日 – 2月18日)
魚座 (2月19日 – 3月20日)

星座ごとの性格と恋愛傾向

各星座は独自の性格や特徴を持ち、それが恋愛傾向にも反映されます。

例えば、牡羊座は行動的で情熱的、蟹座は家庭的で感情豊か、乙女座は分析的で几帳面、射手座は自由を愛する冒険家など、各星座にはそんな特色があります。

星座の相性

恋愛において、星座同士の相性はとても気になるところです。星座占いでは、性格の相性や価値観の一致を元にした相性が占えます。

たとえば、火のエレメント(牡羊座、獅子座、射手座)同士は情熱的で活発な関係を築きやすいとされています。

この記事のまとめ

星座占いは、西洋占星術を基にした占いで、誕生日をもとにした12星座に分け、その星座の特性から性格や運命、相性を占います。

各星座には独自の性格や恋愛傾向があり、これを知ることで自分自身や他者をより深く理解する手助けとなるでしょう。また、星座同士の相性を知ることで、より良い人間関係を築くヒントを得ることもできます。

ここまでお読みいただきありがとうございました。他にも占いについての記事をまとめていますので、そちらも是非お読みください。

PAGE TOP