タロットカード【21:世界】正位置・逆位置での意味と解釈を恋愛・仕事別に解説

この記事は約4分で読めます。

タロットカードの「世界」(The World)は完成、達成、そして新しい始まりを象徴するカードです。

この記事では、「世界」カードの意味、その象徴的な描写、前後のカードとの関係性、リーディングにおける解釈とアドバイスについて詳しく解説します。

タロットカード【21.世界】の持つ意味とは

「世界」カードは、完成、達成、そして新しい始まりを象徴しています。

このカードは旅の終わりと新しい旅の始まりを示し、すべての努力が実を結び、目標が達成されることを示しています。

世界のエネルギーは、完全なるサイクルの終わりと新たなサイクルの始まりを示し、満足感と成功の象徴です。

世界(The World)に描かれた内容とその意味

「世界」カードには、中央に踊る女性が描かれています。

彼女は一枚の布をまとい、手には2本の杖を持っています。

この女性は完成と達成の象徴であり、自由と自己実現を表しています。

女性の周囲には楕円形のリースが描かれており、これは無限と永続的なサイクルを象徴しています。

リースには赤いリボンが結ばれており、これは永遠の命と調和を示しています。

リースの四隅には四つの象徴的な存在が描かれています。

これらは、四大元素(地、水、火、風)や四つの季節、四つの方角を象徴しており、全体としての調和とバランスを示しています。

牛:地(物質的な豊かさと実現)
獅子:火(勇気と力)
鷲:水(精神的な啓示と深い理解)
人間:風(知識と知恵)

背景には青い空が広がっており、自由と限りない可能性を象徴しています。

このカードの主要なシンボルは以下の通りです

踊る女性:完成と達成の象徴
リース:無限と永続的なサイクル
四つの象徴的な存在:調和とバランスの象徴
青い空:自由と限りない可能性

これらのシンボルは「世界」が持つ完成、達成、そして新しい始まりの重要性を強調しています。

前後のカードとの関係性

審判(Judgement)からの繋がり

「審判」の次に位置する「世界」カードは、自己評価と再生から完成と達成への移行を示しています。

審判がもたらす内省と再生のプロセスが、世界によって示される完成と達成に繋がります。

この移行は再生から完成への連続性を象徴しています。

世界(The World)が出た時の解釈

正位置における解釈

恋愛

正位置の世界は恋愛において満足感と幸福をもたらすことを示します。

関係が成熟し新たなステージに進む兆しがあります。

仕事

仕事においてはプロジェクトが成功し、目標が達成されることを示しています。

すべての努力が実を結び、満足感が得られる時期です。

人間関係

人間関係では調和とバランスが強調されます。

新しい友情が芽生えるか、既存の関係がさらに深まることが期待されます。

正位置が出た時のアドバイス

目標達成に向けて努力を続け、達成感と満足感を味わいましょう。

完成と新たな始まりを迎える準備を整え、次のステージに進むことが重要です。

逆位置における解釈

恋愛

逆位置の世界は恋愛において未解決の問題や不満が残ることを示します。

関係が停滞し、新たなステージに進むためには解決策が必要です。

仕事

仕事においては計画が思うように進まず、目標が達成されないことを示唆しています。

再評価と調整が求められます。

人間関係

人間関係では、誤解や対立が問題となる可能性があります。

冷静な対応とコミュニケーションが必要です。

逆位置が出た時のアドバイス

未解決の問題に対処し、目標達成のために再評価と調整を行いましょう。

冷静な判断と柔軟な対応が成功の鍵となります。

この記事のまとめ

世界カードは、完成、達成、そして新しい始まりを象徴します。

正位置では成功と達成が強調され、逆位置では未解決の問題や停滞が示されます。

このカードが示すメッセージを理解し、自分の人生に適用することで、より良い結果を得ることができるでしょう。

ここまでお読みいただきありがとうございました。他にも占いについての記事をまとめていますので、そちらも是非お読みください。

PAGE TOP