タロットカード【12:吊るされた男】正位置・逆位置での意味と解釈を恋愛・仕事別に解説

この記事は約4分で読めます。

タロットカードの「吊るされた男」(The Hanged Man)は、自己犠牲、内省、そして新しい視点を象徴するカードです。この記事では、「吊るされた男」カードの意味、その象徴的な描写、前後のカードとの関係性、リーディングにおける解釈とアドバイスについて詳しく解説します。

タロットカード【12.吊るされた男】の持つ意味とは

「吊るされた男」カードは、自己犠牲、内省、そして新しい視点を象徴しています。このカードは、物事を別の角度から見る必要性や、行動を一時停止し、内面を見つめ直す時間を示しています。困難な状況に直面したとき、自分を犠牲にしてでも他者を助けることの重要性や、新しい見方を取り入れることで問題を解決する方法を示唆しています。

吊るされた男(The Hanged Man)に描かれた内容とその意味

「吊るされた男」のカードには、足首で逆さに吊るされた男性が描かれています。彼は木の枝からぶら下がり、片足をもう一方の足の膝の後ろにかけています。彼の表情は穏やかで、苦痛を感じていない様子が伺えます。
男性の頭からは光が放たれており、これは啓示と新しい視点を象徴しています。彼の服装は赤と青で、赤は情熱とエネルギー、青は冷静と精神的な知恵を表しています。

背景には自然の風景が広がっており、これは自然との調和と内面の平和を示しています。全体として、このカードのシンボルは、自己犠牲と内省、そして新しい視点を取り入れることの重要性を強調しています。

このカードの主要なシンボルは以下の通りです:

逆さに吊るされた男性:自己犠牲と新しい視点を象徴。
光る頭部:啓示と新しい視点を示す。
赤と青の服装:情熱と精神的な知恵を表す。
自然の背景:自然との調和と内面の平和を示す。
これらのシンボルは、「吊るされた男」が持つ内省と自己犠牲、新しい視点を取り入れる力を強調しています。

前後のカードとの関係性

正義(Justice)からの繋がり

「正義」の次に位置する「吊るされた男」カードは、公正な判断から自己犠牲と内省への移行を示しています。正義が外部のバランスと公正さを強調するのに対し、吊るされた男は内面的な洞察と自己犠牲を強調します。

死神(Death)への繋がり

「吊るされた男」の次に位置する「死神」カードは、自己犠牲と内省から変革と再生への移行を示しています。吊るされた男が示す内省が、死神によってもたらされる変化と終わりへの準備を助けます。この移行は、内面的な成長と外部の変化の連続性を示しています。

吊るされた男(The Hanged Man)が出た時の解釈

正位置における解釈

恋愛

正位置の吊るされた男は、恋愛において一時的な停滞や見直しの必要性を示します。関係を深めるためには、新しい視点から状況を見つめ直すことが重要です。

仕事

仕事においては、プロジェクトの進行が一時停止する可能性があります。この停滞期間を利用して、戦略を再評価し、新しいアプローチを考えることが求められます。

人間関係

人間関係では、相手の立場を理解し、異なる視点を取り入れることが関係を改善する鍵となります。内省と自己犠牲が重要です。

正位置が出た時のアドバイス

現在の状況を一時停止し、内省と自己探求を行うことが重要です。新しい視点を取り入れ、柔軟な思考で問題を解決するための方法を模索しましょう。

逆位置における解釈

恋愛

逆位置の吊るされた男は、恋愛において停滞や不満が続くことを示します。状況を改善するための新しい視点を見つけるのが難しい時期です。

仕事

仕事においては、計画が進まない状況や、変化に対する抵抗が問題を引き起こす可能性があります。適応力が求められます。

人間関係

人間関係では、他者とのコミュニケーションが停滞し、誤解や摩擦が生じる可能性があります。問題解決には、柔軟な思考と自己犠牲が必要です。

逆位置が出た時のアドバイス

過度の抵抗や固執を避け、柔軟な思考で状況に対応することが重要です。自己犠牲と内省を通じて、新しい視点を見つける努力をしましょう。

この記事のまとめ

吊るされた男カードは、自己犠牲、内省、そして新しい視点を象徴します。正位置では内省と新しい視点が強調され、逆位置では停滞や不満に対する柔軟な対応が求められます。このカードが示すメッセージを理解し、自分の人生に適用することで、より深い理解と成長を得ることができるでしょう。
ここまでお読みいただきありがとうございました。他にも占いについての記事をまとめていますので、そちらも是非お読みください。

PAGE TOP