タロットカード【18:月】正位置・逆位置での意味と解釈を恋愛・仕事別に解説

この記事は約4分で読めます。

タロットカードの「月」(The Moon)は、潜在意識、直感、不確実性を象徴するカードです。

この記事では「月」カードの意味、その象徴的な描写、前後のカードとの関係性、そしてリーディングにおける解釈とアドバイスについて詳しく解説します。

タロットカード【18.月】の持つ意味とは

「月」カードは、潜在意識、直感、不確実性を象徴しています。

このカードは曖昧さや不確実性の中で自分の直感を信じる必要性を示しています。

月は、真実が明らかにされる前に影の中で迷うことを示し、未知の領域を探るための導きを提供します。

月(The Moon)に描かれた内容とその意味

「月」カードには、満月が夜空に浮かび、その光が水面に反射している様子が描かれています。

月は光と影の両方を持ち、その象徴は不確実性と直感の両面を示しています。

カードの中央には、狼と犬が吠えており、これは本能と訓練された心の二面性を表しています。

狼は野生的な本能を象徴し、犬は人間の訓練と飼い慣らされた本能を示しています。

これらの動物は、私たちの内面の野生的な部分と制御された部分の間の葛藤を表しています。

水面からはザリガニが登ってきており、これは潜在意識から浮かび上がる深い感情や恐れを象徴しています。

ザリガニの出現は、潜在意識の内容が表面化するプロセスを示しています。

背景には二つの塔が立っており、これらは道のりの途中にある障害や課題を象徴しています。

塔の間には道が続いており、これは未知の領域を探索するための旅路を示しています。

このカードの主要なシンボルは以下の通りです:

満月:潜在意識と直感の象徴。
狼と犬:本能と訓練された心の二面性。
ザリガニ:潜在意識から浮かび上がる感情や恐れ。
二つの塔:道のりの途中にある障害や課題。
道:未知の領域を探索するための旅路。

これらのシンボルは、「月」が持つ潜在意識、直感、不確実性の重要性を強調しています。

前後のカードとの関係性

星(The Star)からの繋がり

「星」の次に位置する「月」カードは、希望と癒しから直感と潜在意識への移行を示しています。

星がもたらす希望と癒しが月によって示される内面の探求と直感の目覚めに繋がります。

この移行は、外的な癒しから内面的な洞察への連続性を象徴しています。

太陽(The Sun)への繋がり

「月」の次に位置する「太陽」カードは、潜在意識と直感から明晰さと成功への移行を示しています。

月がもたらす不確実性と直感が、太陽によって示される明るい未来と成功に繋がります。

この移行は不確実性から明晰さへの連続性を象徴しています。

月(The Moon)が出た時の解釈

正位置における解釈

恋愛

正位置の月は恋愛において直感と感情が重要であることを示します。

関係の不確実性や曖昧さが強調される時期ですが、直感を信じることが必要です。

仕事

仕事においては、計画が不確実であることや、隠された情報があることを示唆しています。

直感を信じて進むべき道を見極めることが求められます。

人間関係

人間関係では、誤解や隠された感情が表面化する可能性があります。

直感を使って真実を見極め、慎重に対処することが重要です。

正位置が出た時のアドバイス

直感を信じ、自分の内なる声に耳を傾けましょう。

曖昧さや不確実性を受け入れ、冷静に対処することで真実が明らかになる時を待つことが重要です。

逆位置における解釈

恋愛

逆位置の月は、恋愛において混乱や誤解が生じる可能性を示します。

不安や恐れが関係に影響を及ぼすことがあるため、冷静な判断が求められます。

仕事

仕事においては混乱や誤解が発生する可能性があります。

計画を再評価し、確実な情報をもとに行動することが重要です。

人間関係

人間関係では誤解や不信感が問題となる可能性があります。

冷静な対応とコミュニケーションが必要です。

逆位置が出た時のアドバイス

混乱や誤解に対処し、冷静な判断を心がけましょう。

直感を信じると同時に、確実な情報を基に行動することが重要です。

この記事のまとめ

月カードは、潜在意識、直感、不確実性を象徴します。

正位置では直感と感情の重要性が強調され、逆位置では混乱や誤解への対処が求められます。

このカードが示すメッセージを理解し、自分の人生に適用することで、より良い結果を得ることができるでしょう。

ここまでお読みいただきありがとうございました。他にも占いについての記事をまとめていますので、そちらも是非お読みください。

PAGE TOP