タロットカード【10:運命の輪】正位置・逆位置での意味と解釈を恋愛・仕事別に解説

この記事は約4分で読めます。

タロットカードの「運命の輪」(Wheel of Fortune)は、変化、周期、そして運命を象徴するカードです。

この記事では、「運命の輪」カードの意味、その象徴的な描写、前後のカードとの関係性、そしてリーディングにおける解釈とアドバイスについて詳しく解説します。

タロットカード【10.運命の輪】の持つ意味とは

「運命の輪」カードは、人生の変化と周期、運命の転換点を象徴しています。

このカードは予測不可能な変化や運命の流れを示し、人生の中での変化の受け入れと適応を促します。

運命の輪は運命が常に動いていることを示し、良い時期も悪い時期も周期的に訪れることを教えています。

運命の輪(Wheel of Fortune)に描かれた内容とその意味

「運命の輪」カードには大きな輪が中央に描かれ、その周囲に様々なシンボルが配置されています。

輪は常に回転しており、人生の変化と周期を象徴しています。

輪の上にはスフィンクスが座っており、知恵と謎を象徴しています。

スフィンクスは輪の回転を見守り、運命の秘密を守っています。

輪の側面にはアヌビス(エジプトの死の神)が描かれており、変化と再生を象徴しています。

アヌビスは古いものが終わり、新しいものが始まるサイクルを示しています。

輪の四隅には4つの象徴的な生き物が描かれています。

これらはマタイ、マルコ、ルカ、ヨハネの福音書の著者を象徴しており、それぞれが書物を持っています。

これらの生き物は知識と啓示を象徴し、運命の輪が運ぶメッセージと教えを示しています。

さらに、輪の内側には、ヘブライ文字で「YHVH」と書かれており、これは神聖な名前を表しています。

これらの文字は、運命の輪が神聖な力によって動かされていることを示しています。

このカードの主要なシンボルは以下の通りです:

輪:人生の変化と周期、運命の流れを象徴。
スフィンクス:知恵と謎を守る存在。
アヌビス:変化と再生を象徴。
4つの象徴的な生き物:知識と啓示を示す。
ヘブライ文字「YHVH」:神聖な力を表す。
これらのシンボルは、「運命の輪」が持つ変化と周期、そして運命の神聖な側面を強調しています。

前後のカードとの関係性

隠者(The Hermit)からの繋がり

「隠者」の次に位置する「運命の輪」カードは、深い内省と精神的な探求から、外部の変化と運命の周期への移行を示しています。

隠者のカードが内面的な知恵を強調するのに対し、運命の輪は外部の出来事や運命の流れを強調します。

正義(Justice)への繋がり

「運命の輪」の次に位置する「正義」カードは、変化と運命の流れから公正さとバランスへの移行を示しています。

運命の輪が運ぶ変化が公正な結果とバランスをもたらすことを示唆しています。

運命の輪(Wheel of Fortune)が出た時の解釈

正位置における解釈

恋愛

正位置の運命の輪は恋愛において新しい始まりや予期しない変化を示します。

関係が進展するか、新しい出会いが訪れる兆しです。

仕事

仕事においては、キャリアの転機や昇進、予期しないチャンスが訪れることを示しています。

変化に対して柔軟に対応することが重要です。

人間関係

人間関係では、予期しない再会や新しい人間関係の始まりを示唆します。

変化を受け入れることで、関係が発展します。

正位置が出た時のアドバイス

変化を恐れず、運命の流れに身を任せることが大切です。

柔軟性を持ち、チャンスを最大限に活用しましょう。

運命の輪が示す変化はあなたの成長と発展を促します。

逆位置における解釈

恋愛

逆位置の運命の輪は、恋愛において停滞や予期しない困難を示します。

関係が進展しないか、問題が生じる可能性があります。

仕事

仕事においては予期しない障害や失敗の兆しです。

計画がうまくいかない場合がありますが、柔軟な対応が求められます。

人間関係

人間関係では、誤解や対立が生じる可能性があります。

変化に対する抵抗が問題を引き起こすことがあります。

逆位置が出た時のアドバイス

逆位置の運命の輪が出た時は変化に対する抵抗をやめ、状況に適応することが重要です。

柔軟性を持ち、問題を解決するための新しいアプローチを試みましょう。

この記事のまとめ

運命の輪カードは、変化、周期、そして運命の流れを象徴します。

正位置では、新しい始まりやチャンスが訪れることが強調され、逆位置では停滞や予期しない困難に注意が必要です。

このカードが示すメッセージを理解し、自分の人生に適用することで、より良い結果を得ることができるでしょう。

ここまでお読みいただきありがとうございました。他にも占いについての記事をまとめていますので、そちらも是非お読みください。

PAGE TOP